栄養成分について

日本食品成分表はわが国において日常的に用いられている食品の成分に関する基礎データを提供するものであり各種給食施設の栄養管理栄養士同盟をもとより一般家庭においても広く利用されているまた国民栄養調査の実施着用時給計画の作成のなら行政面や教育教育研究分野にも活用されている現在用いられている出不精は文化科学界科学技術学術審査資源調査部分科会が日本食品成分表以下成分表2,010として2010年11月に発表したものである成分表2,010は1950年に発行された3初版成分表から数えてろ回目の回答行ったものである初版成分表から成分表2,010までの収蔵内容の変革を示す 日本は米やサツマイモなどを除きほとんどの食材を諸外国からの輸入に頼っている世界の人口は2015年現在の約72億人から今世紀10 200億人を突破するといわれ慢性的な食糧不足が懸念されているその上資源環境問題中が進んでおり輸入に頼る日本の食糧事情は多くの問題抱えている食料自給率とは国内の色食料消費が国産だけれども程度まかなえてるかを示す指標である小麦豚肉などの心の品目別自給率甘さで計算するが穀物畜産物野菜魚介類などそれぞれ重さが異なるさまざまな食料全体の創業総合食料自給率は一般的に栄養価である供給熱量で計算する供給されている食料のカロリー合計のうち国産で賄われ貴則がどのくらいかを示す指標である

 

食事の意義とは

生活の質を高め心身ともに健全な人生を送るためには食生活の充実が不可欠である現代は食料の生産加工技術流通機構などの発達などによって利便性効率性の高い食事形態が重視される傾向にある一方で栄養摂取のアンバランス血色個食など食生活のあり方食品の安全性食料自給率や環境問題など多くの課題を抱えている各人が健康の維持増進食文化の継承環境保全など幅広い視野で望ましい食事の取り方を主体的に考えなければならない時代であるといえる食事設計は安全性の確保を前提に併用制志向性食文化経済性環境問題など食を取り巻く私生活全体を考慮することが求められる栄養性食事をとる第一の目的は生命健康の維持増進生活活動に必要な栄養素を過不足なく摂取することである日常の食事は生活習慣病などの疾病の予防弔意ちょ治療などに大きく変わるため各人の性年齢身体状況栄養状態生活状態など10分に早くして栄養計画を立てる必要がある食事は栄養的に含ま優れているだけでなく各人の思考にも配慮し美味しく楽しく食べられるような工夫が必要である食事様式の違いは各々の文化から踏み出されたものであるその地域の自然風土産物歴史宗教色習慣からまれてきた教職や郷土色を継承し発展させることさらに食卓を通している異文化コミュニケーションも重要な役割である

 

料理とは

我々の生活は日常と非日常に区分でき非日常の日には労働停止し年中行事や人生儀式が祝われ必ず神仏を迎えて切れを行い普段と異なる食べ物備え食べる習慣があったこれが行事食であり自然信仰なりわいなどの結びつきのもとで豊作や捕虜家族の健康や子孫繁栄を祈る素朴な精神活動を反映したものであった行事食の代表は避けた街で正月の鏡餅や雑煮テックの蓬屋ひしもちちまき柏餅ぼんの迎えだんごや送り団子などである祭りの寿司は白米と魚を組み合わせたもの本や葬式法事などの仏事では野菜類や大豆製品改造使った精進料理が作られたそして人が一生の節目に行っわれてきたさん行く儀礼や都市祝いなどの通貨議連の宿善には赤飯や寿司西目屋なます尾頭付きの魚汁物など全料理が供されたかつては行事食は大きな楽しみであり平凡な日お肉平凡な日常に区切りを付け行事食を通して行われる交流は日常の人間関係に反映されていた郷土料理伝承料理伝統食とも言われ3形態に分類できる地方の特産物が地方独自の方法によって処理されたもの地方の特産あるいは大量生産された食品が乾燥塩蔵されてた地方へ運ばれ依頼中よりむしろ消費地で調理法が発達したものそして広い地域で共通に生産にしてきたとき食品である時期まで同じ方法で処理されていたが各地域ごとに採用生じながら発達したものである生産技術の向上や交通運搬技術の発達は特産物の特徴を不明瞭のものにし情報媒体の介在は家庭料理の開花多様化をもたらしたこのような大きな社会環境の変化は長年の時を経て作り上げられてきた郷土料理を消滅画一化させていくことにつながったしかし近年郷土食を見直す動きが見られる

 

初めの投稿

今日は初めての投稿です。




これからアフィリエイトで初回収入を得るために頑張っていきます。




また、記事を作成することでのんびりとした生活を手に入れたいなと考えております。




好きな食べ物は牛丼や酢豚です。




料理を作るのが好きで、今年はパンを焼くのを極めようかなと考え中です。



趣味は他にもあって、釣りが好きです。特にタチウオをルアーで釣るのが好きです。

夜にルアーをなげてワインドでつります。


タチウオは歯が鋭いので素手で触ると手を切られてしまいます。なのでタチウオを釣り上げた後は必ず手袋やハサミなどでガッチリと口元をつかむことが大切です。




また、弓道を高校時代にやっていて没頭したのを覚えています。

はじめのうちは胴造りと呼ばれる基本姿勢からはじめ、翌日には下半身プルプルとしていました。始めに引いた弓は9キロで、一般的に言うと少ない力で引くことのできる弓です。

ですが、ガリガリの自分はその弓すら引くこともままならず、毎日その弓に悪戦苦闘したことを覚えています。

大変な毎日でしたが、充実していた日々だったと思います。とくに、射場で弓を引いている先輩方がカッコよく、いつか自分もその場所に立ちたいなと強く考えるようになりました。

この気持ちを大切にしていきたいです。