食事の意義とは

生活の質を高め心身ともに健全な人生を送るためには食生活の充実が不可欠である現代は食料の生産加工技術流通機構などの発達などによって利便性効率性の高い食事形態が重視される傾向にある一方で栄養摂取のアンバランス血色個食など食生活のあり方食品の安全性食料自給率や環境問題など多くの課題を抱えている各人が健康の維持増進食文化の継承環境保全など幅広い視野で望ましい食事の取り方を主体的に考えなければならない時代であるといえる食事設計は安全性の確保を前提に併用制志向性食文化経済性環境問題など食を取り巻く私生活全体を考慮することが求められる栄養性食事をとる第一の目的は生命健康の維持増進生活活動に必要な栄養素を過不足なく摂取することである日常の食事は生活習慣病などの疾病の予防弔意ちょ治療などに大きく変わるため各人の性年齢身体状況栄養状態生活状態など10分に早くして栄養計画を立てる必要がある食事は栄養的に含ま優れているだけでなく各人の思考にも配慮し美味しく楽しく食べられるような工夫が必要である食事様式の違いは各々の文化から踏み出されたものであるその地域の自然風土産物歴史宗教色習慣からまれてきた教職や郷土色を継承し発展させることさらに食卓を通している異文化コミュニケーションも重要な役割である